新着情報
カテゴリ別記事

教員の勤務評価、相対評価のはずが最下位ランクはゼロ???

今回は教員の勤務評価についても質しました。東京都教育委員会の規則では教員の勤務評価は5~1の5段階の相対評価で行っているとのことで、葛飾区立小・中学校に勤務する全教員の5~1のそれぞれ分布状況を聞きました。すると、なんと最下位ランクの1は存在しないのです!!通常、相対評価といえばそれぞれ分布割合を定めて全てのランクに割り振るのが普通のやり方ですが、ゼロというのははっきり言って驚いたと同時にあり得ない結果だと思いました。私自身は最下位ランクは分布割合をかなり低く設定していると想定していましたが、教育委員会が身内にかなり甘く評定しているという事に他なりません。また同様に過去5年間で指導力不足等教員に認定された教員数、分限免職になった事例も質しましたが、これもゼロでした。こうした答弁を聞き、現在の教員評価制度そのものに疑義を持ちました。やはりここに大きな問題が潜んでいました。

【資料】

葛飾区立小・中学校に勤務する教員の勤務評価

評価5 120名

評価4 249名

評価3 620名

評価2 253名

評価1   0名 


コメント (0) | トラックバック (0)

青戸の子育てひろば「いろは」を視察

H23.9.9 003 今日は青戸にある子育てひろば「いろは」を視察しました。この施設は「保健所」「青戸保健センター」「子ども総合センター」からなる複合施設で、今年の7月19日にオープンしました。オープニングの際にも伺いましたが、じっくり見れなかったので、今回はいろいろスタッフの方や利用者の方にいろいろお話も伺いながら見学させていただきました。この「いろは」は乳幼児(3歳まで)とその保護者が気軽に立ち寄れ、交流できる場で、ワーカーズコープが運営を任されております。お話を伺っていると、働いている方々のモチベーションや意識が高いことを実感しました。やはり一番の問題は予算が限られていることで、本を買う予算も月に3000円しかないそうです。私もぜひこうした方々・施設を応援していきたいと思っております。乳幼児のいるご父母の方々にはぜひ一度利用してほしい施設です。

 


コメント (0) | トラックバック (0)