新着情報
過去の記事

いよいよ2月29日に本会議質問! 質問通告書を公開します

いよいよ明日、明後日に代表質問、一般質問の本会議が行われます。私は29日の午後の早い時間に質疑を行います。本会議はよく猿芝居とか言われたりしますが、恐らく質疑者も答弁者も原稿を読んでいることからそう言われるのだと思います。区側も事前に庁議で決定した答弁書をそのまま読み、私自身も原稿を読んでおりますが、いずれは一問一答にするなど議会改革が必要になってくると思います。しかしながら第1回定例会では予算審査特別委員会の総括質疑で葛飾区議会では唯一の一問一答方式での質疑ができます。(と言っても国会の委員会審議と同じやり方です)私もこうした場をしっかりと利用して本会議質疑の内容を掘り下げた質疑を行おうと思っております。まだまだ力不足ですが頑張ります。なお、29日に行われる私の一般質疑の通告書(事前に質疑内容を区側に提出するもの)を添付させていただきますのでご覧ください。

資料:小林ひとし一般質疑通告書


コメント (0) | トラックバック (0)

国会議員は自ら範を示せ!-議員歳費・政党助成金削減を-

国家公務員の給与を削減する法案が23日衆議院を通過し、今月中に成立する見通しとなりました。復興財源の捻出が目的とのことですが、消費税増税を議論し、年金支給額を引き下げる状況を考えれば当然のことです。国の財政がひっ迫し、国債残高が1千兆円に達しようとしている状況を鑑みれば24.25年度に限らず今後も続けていくべきです。それにしても腑に落ちないことは国会議員自らに関すること、具体的には319億円にものぼる政党助成金や国会議員の歳費、文書通信滞在交通費(1カ月百万円・非課税)に全く手を付けないことです。国会議員の公設秘書も7.8%削減の対象外とのことで、???って感じです。これでは役人にも範を示せず、国民の皆さんにもさまざまな負担増をお願いすることができないのでしょうか?また議員定数の削減も見通しがついていない状況では税金や社会保障費等の負担増も納得できません。私は以前のブログにも記載させていただきましたが、このような国会議員が政治不信の元凶であり、自ら律することができない議員は次の選挙で退場させられるべきと思います。もはや既存政党には期待できません。こうした中、今政治の中で一番注目を集めている橋下徹大阪市長が代表をつとめる阪維新の会は「船中八策」の中でもしっかりと国会議員の議員定数や歳費、政党助成金の削減を主張しております。私が橋下氏に期待する理由は有言実行であること、政策決定から実行に移すまでのスピード感です。今の民主党政権にはいずれも欠けてます。「現職の国会議員の皆さん、もうあなたたちには何も期待しておりません」というのが今の国民の声のような気がします。


コメント (0) | トラックバック (0)

区長、区議会議員等の報酬削減を!

昨日総務委員会が開かれ、特別職議員等報酬審議会が1月24日に出した答申の報告がありました。答申の内容は「据え置きが妥当」ということでしたが、私は区民感覚からは大きくズレていると感じました。ちなみに青木勇前区長の時代には特別職の報酬10%削減を実施しておりました。審議会の議事録を見ると、中には引き下げるべきという方もおりましたが、最終的には答申の内容に異議を唱える委員はおりませんでした。そもそもこの審議会自体が区長が任命する関係上、ほとんどあうんの呼吸で区長の意向に沿った答申が出てくるもので、区長や議員が引き下げの意向を決めない以上は「引き下げ」の答申が出ることは期待できません。そして議会においても昨日開かれた総務委員会で審議会答申に異議を唱える議員が一人もいなかったのは非常に残念です。私は今般の政治、経済情勢、また国家公務員の給与7.8%削減法案の月内成立がほぼ決まった状況(しかしながら政党助成金や国会議員の歳費削減をしないのは非常に疑問)、そして葛飾区は財政的に緊迫しておりませんが、都区財政調整制度がなければ現在の行政サービス水準を維持することが難しい状況を考えると、我々議員も含めて特別職の報酬削減を行うべきと思います。

資料:葛飾区特別職議員報酬等審議会の答申について


コメント (0) | トラックバック (0)

特別職の退職手当、教育委員会、入札問題、総合庁舎の建替について質問します!

いよいよ2月21日から第1回定例会がスタートしました。本会議での代表質問、一般質問は2月28、29日です。私は今回、以前から議会で取り上げてきた特別職の退職手当(特別職・議員の報酬も含む)や教育委員会、指名競争入札の高落札率の問題、総合庁舎の建替についてについて今回一般質疑を29日に行う予定です。また引き続き、3月2日に行われる予算審査特別委員会での総括質疑でも一般質疑の答弁を受けて、掘り下げて質疑を行う予定です。これらの問題について情報をお持ちの方、あるいはご意見のある方は質疑の参考にさせていただきたいと思いますので、是非とも1@kobahito.comまで情報提供いただきますようお願いします。(その他区政の問題についてでも結構です)


コメント (0) | トラックバック (0)

もはや既存政党に日本を任せられない-「船中八策」に期待!

先週、各種マスコミの世論調査では内閣支持率は危険水域と言われている30%を切り、また「次の政権」についても民主・自民以外と答えた人が最多になるなど、既存政党に対する政治不信がかなり高まっている状況です。そうした中、橋下氏が率いる大阪維新の会が「船中八策」を発表しました。首相公選制や参議院の廃止など既存政党と一線を画した大胆な政策ですが、こうした時だからこそこれまで成し得なかった憲法改正にも踏み込んで日本の統治体制を変革することが必要だと思っております。日本の政治に風穴を開けてくれるものと期待しております。


コメント (0) | トラックバック (0)

今年も新春のつどいを開催!

H24.2.12 023

今日は毎年恒例の私の後援会主催の「新春のつどい」を開催しました。私も今日は自らの思いを存分にお話させていただきました。その内容については敢えてブログでは触れませんが、今日は多くの後援会の方に励ましのお言葉をいただき、有意義なひと時を過ごすことができました。今月の21日からは区議会第一回定例会も始まりますが、しっかりと頑張ってまいります。


コメント (0) | トラックバック (0)

葛飾清掃工場における宮城県女川町の災害廃棄物受け入れ説明会資料をアップしました

 2月3日に葛飾区・東京都環境局・東京二十三区清掃一部事務組合共催で行われた「宮城県女川町災害廃棄物受け入れにかかる住民説明会」の資料を当日参加できなかった方のためにアップしましたので、ダウンロードしてご覧ください。

資料:H24.2.3 宮城県女川町災害廃棄物受け入れにかかる住民説明会


コメント (0) | トラックバック (0)